東京青果株式会社

 

ホーム > 営業情報 > トピックス一覧 > 福岡県産『いちじく』試食宣伝会
トピックス一覧

2018年7月6日
福岡県産『いちじく』試食宣伝会【5日開催】

〜格別のおいしさ!
イチオシの2品種をどうぞ〜


7月5日(金)、東京青果卸売場にて福岡県産『博多とよみつひめ』と『博多蓬莱』の試食宣伝会が開催されました。

 

 福岡県産いちじくはこれから出荷本番を迎えます。旬のいちじくは、色味・甘さ・食感が格別です。この日は産地から担当の方々が来場され、福岡県が特に力を入れている2品種の試食を行いました。


会場風景

 

鮮紅色の果肉が試食台に映えます。

試食を見守ります。「楽しみにしてたよ!おいしい。」との声がたくさん聞かれました。  
「本年産もおいしく仕上がりました!」宣伝に力が入ります。
『とよみつひめ』『蓬莱柿』の食べ比べ。どちらがお好みでしょうか。   さっそくいちじくを検討するお客様。

 

 

商品情報

 

いちじく(右:博多とよみつひめ、左:博多蓬莱)を持って宣伝する

JA福岡京築いちじく部会 鞘野部会長

 本年の作況について鞘野部会長は、「6月上旬から曇天が続き天気もぐずついていましたが、影響なく味もしっかりのっています。気温もちょうどよく推移して生育は平年並みとなっております。中心は2L、Lサイズです。昔ながらの懐かしい味の蓬莱と、福岡県限定品種のとよみつひめ、おすすめです。是非味わってください。」とお話くださいました。

 

 

 

 「『蓬莱』は酸味もほどよくあり、プチプチとした食感も楽しめます。白いちじくとも呼ばれ、口が割れると食べ頃です。『とよみつひめ』は、『蓬莱』と『ドーフィン』を掛け合わせた品種で、両方のいいとこ取りになっています。糖度は高いもので20度まで上がります。 いちじくは冷蔵庫(0〜1度程)の温度でラップ等をかけずに乾燥させて保管すると良いでしょう。」とJA全農ふくれんの堀江さんがピーアールされました。

 

 

商品名
博多とよみつひめ
博多蓬莱
出荷期間(ハウス)
6月上旬〜7/30
6月上旬〜8月中旬
出荷期間(露地)
8/1〜11月中下旬
9月上旬〜9月下旬
出荷者
JA筑前あさくら他

(ハウス)JA福岡京築

(露地)JA全農ふくれんVF

中心規格
M・L
L・2L

 

 

 

 

  • 果実第1事業部:原田
    市場法により、弊社は一般のお客様へ販売することは出来ません
    ⇒詳細はこちら
ホームへ戻る
ページトップへ