東京青果株式会社

 

ホーム > 営業情報 > トピックス一覧 > 長野県産『クイーンルージュ』宣伝会2021
トピックス一覧

2021年9月24日
長野県産『
クイーンルージュ』宣伝会2021【22日開催】

〜赤系ぶどう期待の新品種が登場しました!〜

 

 

9月22日(水)、東京青果卸売場にて長野県産ぶどう『クイーンルージュ』の宣伝会が行われました。

クイーンルージュ』は種無しで皮ごと食べられる、赤系ぶどうの期待の新品種です。「ユニコーン」(種子親)という赤い品種と「シャインマスカット」(花粉親)との交配で長野県果樹試験場にて作出されました正式な品種名は『長果G11』で、『クイーンルージュ』は長野県の登録商標です。

本年から本格的に市場販売がスタートするということで、JA全農長野によるPRイベントが開催されました。

 

 

会場風景

 

 

巧みな彫刻(フルーツカービング)が来場者をお出迎え

 

・・・長野県産 ぶどう ・・・

 

会場には『クイーンルージュ』の他にも「シャインマスカット」「ナガノパープル」も並びました。彩りの綺麗なこれら三色のぶどうを、長野県では「ぶどう三姉妹」としてPRしています。色だけではなく味も食感も三者三様です。

クイーンルージュ

赤系品種の中でも着色性が良く、その名の通りルージュのような深紅色が特長です。また、果皮が非常に薄く口内に残る感じがしません。糖度も高いですがさわやかな甘みで食べやすいぶどうです。

 

シャインマスカット

種無しで皮ごと食べられるぶどうとして爆発的ヒットとなり需要が急拡大。近年はシャインマスカットを親とした次世代ぶどうが世に出ており、交配親としても大変優れた品種です。マスカット香とパリッとした皮の食感が特長。

 

ナガノパープル

「巨峰」を親に持つだけあって有核巨峰のような深いコクのある甘みを有しています。「巨峰」は皮を食べませんが「ナガノパープル」は皮が食べられます。この皮の食感があることで美味しさがさらに引き立っていると感じられるぶどうです。

 

 

袋に果実とお酢を入れておくと1週間で「フルーツビネガー」が作れる商品も展示されました。炭酸水や牛乳で割って、さわやかな美味しさを楽しめます。

 

 

商品情報

 

 

 

クイーンルージュ

出荷者
JAながの・JA中野市 ほか

主な出回り期間

9月上旬〜10月中旬

 

際立つ甘さと深い赤をまとった、女王級と称される新ぶどう『クイーンルージュ』にご期待ください!

 

 

  • 果実第2事業部
  • 弊社は一般のお客様へ販売することは出来ません
    ⇒詳細はこちら
ホームへ戻る
ページトップへ