東京青果株式会社

 

ホーム > 営業情報 > トピックス一覧 > 【Today's phoo】鳥取県産オリジナル品種『輝太郎』宣伝会
トピックス一覧

2021年10月4日
鳥取県産オリジナル品種『輝太郎』宣伝会
〜富有柿に先駆け、早生甘柿『輝太郎』をお届け〜

 


早生甘柿である『輝太郎』は2010年に登録された鳥取県オリジナル品種です。

 

 10月4日、東京青果卸売場において鳥取県産早生甘柿「輝太郎」の展示会が開催されました。

 

鳥取県産青果物のイベントに毎回登場する鳥取県平井知事の等身大パネル。
写真に収めるお客様もいらっしゃいました。

 

 


『輝太郎』は甘味たっぷり、果汁豊富で歯ごたえあります。
荷姿はDB3kgですが、 贈答用に化粧カバー(鬼太郎イラスト)があります。

 


関係者と情報交換する販売担当の津村

本年の作柄については、生産面積は前年比102〜105%と若干多く、9玉(3s箱)中心の出荷です。ピークは10月11日〜20日頃で、25日までの販売となります。以降は「西条柿」「富有柿」へと販売は変わっていきます。(販売担当より)

 

  •  果実第2事業部 津村
    弊社は一般のお客様へ販売することは出来ません
    ⇒詳細はこちら
ホームへ戻る
ページトップへ