東京青果株式会社

 

ホーム > 一般の皆様向け情報 > 市場のしくみ
市場のしくみ
市場のしくみ
中央卸売市場 生鮮食料品等を販売するため、卸売市場法に基づき、地方公共団体が、農林水産大臣の認可を受けて開設する卸売市場です。(例:大田市場)
出荷団体 農業協同組合、出荷組合等の生産者が共同して出荷する組織のことです。
開設者 市場の運営・施設の維持管理、業務の許可・指揮監督をします。
(大田市場の開設者は東京都)
卸売業者 農林水産大臣の許可を受けて、生産者から委託された品物を、セリ・入札などによって、仲卸業者や売買参加者に販売します。卸売業者が産地から荷物を受ける場合は、委託のほかに、卸売業者が自己の計算で行う買付の方法があります。仲卸業者や売買参加者に品物を販売するには、セリ売・入札のほかに、相対(あいたい)売の方法があります。
※卸売市場法の規定により、いかなる理由があっても卸売業者から売買参加権を持たない一般の方(仲卸業者・売買参加者以外)に商品を販売することはできません。
仲卸業者 知事の許可を受けて、卸売業者から買い受けた品物を自己の計算によって市場内の店で、小売業者など市場に買い出しにやってくる人たち(買出人)に販売します。
売買参加者 小売商・加工業者・大口消費者・地方市場などのうち、知事の承認を受けて、仲卸業者と同じく、卸売業者や仲卸業者から買い受けることのできる人を言います。
ホームへ戻る
ページトップへ