東京青果株式会社 東京都中央卸売市場 大田市場

文字サイズ

  • 標準

English

検索

商品紹介
Product introduction
HOMEお取引様向け情報商品紹介 › 宮崎県産『完熟マンゴー』

宮崎県産『完熟マンゴー』

産地
宮崎県
出荷者
JA宮崎中央・JAはまゆう・JAこばやし・JA西都・JA綾町・JA串間市大束
入荷期間
3月中旬~8月下旬
主な規格
パック400g 9入・化粧箱1㎏
担当
果実第4事業部 鍔本

商品の特徴など

本年産の販売が始まりました!『みやざき完熟マンゴー』

マンゴーの原産地はインド地方・東南アジアと言われ、日本では明治時代の1900年ごろに栽培が始まったとされています。
国内で多く栽培されている品種は「アーウィン種」と呼ばれるもので、宮崎県では昭和59年ごろから生産が始まりました。
昭和62年には完熟させたマンゴーを収穫する技術が確立し、その後、宮崎市・西都市を中心に県内各地で生産が進められました。

果実が完熟すると自然に落果するという性質を活かし、収穫前の果実を一つ一つネットで包み、完熟してネットに自然に落果するのを待って収穫されます。
これが『みやざき完熟マンゴー』の由縁となっています。
そのの中でも糖度15度以上、重さ350g以上で色と形が美しいという厳しい基準をクリアした最高級品が、『太陽のタマゴ』として出荷されています。
今年は『太陽のタマゴ』出荷開始から、25年目の節目の年となります。

本年の『みやざき完熟マンゴー』は、3月16日より販売開始し、昨年よりも1週間程度早い出荷となっております。
『太陽のタマゴ』は、4月13日から全国で一斉に販売されます。
そして5月25日には「宮崎マンゴーの日」を迎え、5月下旬~6月下旬あたりが出荷のピークとなります。

ご自宅用にも、ご贈答用にもぴったりな『みやざき完熟マンゴー』を、是非お買い求めください!

おすすめの選び方・食べ方

表面にツヤがあり、シワの無いものを選ぶと良いでしょう。

召し上がる際は、冷蔵庫でよく冷やしてください。
種のある部分を中心に三枚におろすように切り、果肉にさいの目状の切り込みを入れて、果肉を押し上げれば“花咲カット”という最もポピュラーで美しい切り方ができます。

これから旬を迎える『みやざき完熟マンゴー』を、宜しくお願い致します!
(写真は果実第4事業部の金藤・村岡)

〒143-0001 東京都大田区東海3-2-1
東京都中央卸売市場 大田市場内
TEL:03-5492-2001(代表)