求める人材
  1. ホーム
  2. 求める人材

採用担当者からのメッセージ

総務部長
総務部長 犬飼滋公

毎日の取引の現場で求められるのは「信頼関係」です

東京青果の採用HPにようこそ。総務部長の犬飼です。

当社は、卸売市場で国産の青果物(野菜・果実)を小売・メーカー等のお客様に販売している専門商社です。みなさんは「卸売市場なんて時代遅れ」と思うかもしれませんが、実は、国産の野菜・果実の85%が市場を通じて消費されています(平成26年度農林水産省調べ)。そして当社はその卸売業界で一番の売上・利益を誇っています。恐らく、国内で野菜・果実を生産している農家の方ならば、「東一(トウイチ)」の愛称で誰でもがご存知の会社です。

さて、よく「求める人材像は?」と学生の方からご質問をお受けします。
当社では「安心・安全」「鮮度」が強みの生鮮食品である、国産の野菜・果実を販売しています。そこで、求められるのは、一言で言えば「信頼できる人材」でしょう。
当社の営業パーソンは、野菜・果実を生産する農家の方々からは「販売エージェント(代理人)」として、野菜・果実を必要とするお客様からは「購入エージェント」として、ご指名を頂き、両者をコーディネートします。また、生鮮食料品が商品なので、毎日の取引となります。一発勝負の取引ではありません。そこに求められるのは「信頼」関係なのです。

 

「信頼できる人材」とは何か

 
総務部長

少しまだ抽象的なので、「信頼できる人材」の中味を具体的に分解してみると、主に次の3点になります。

先ず、第一に、「日本一のプロフェッショナルになりたい」という志を持っていること。
当社は、日本の青果物卸売業界で一番の売上・利益を持っています。一方、社内営業体制は、例えば、レタス担当、トマト担当、いちご担当、みかん担当等と言うように、野菜や果実の種類(品目)別に営業パーソンを割り当てる仕組み(「品目別担当制」)を採用しています。従って、当社の営業パーソンは、日本一その担当品目に精通していなければなりません。当然、会社側もそうなってもらうように育成しますが、本人にも「日本一のプロフェッショナルになりたい」という気概が期待されます。それが、いつか必ず現れる仕事上の高い壁を、逃げずに、乗り越えて行くためのエネルギーになると考えているのです。

第二に、「物事に真面目に取り組む姿勢を持続できる」こと。
「なーんだそんな当たり前のこと」と思う方もいらっしゃるかもしれません。しかし、当たり前のことをきちんとできること、これはとても大切なことです。例えば、当社の会社説明会では、SPI方式の適性検査を実施します。そのことは会社説明会の案内でも公開していますが、その上で、合格は「平均点」以上としています。その理由は、「物事に真面目に取り組める人」ならば、SPI方式の適性検査が実施されると公開されている以上、書店で対策本を買って勉強し、少なくとも平均点は獲得できるはず、と考えているからです。ペーパー試験が得意な人を求めている訳ではありません。きちんと情報を受けとめ、真面目にその対策を取れる方ならば、入社後も、例えば、商談・交渉前に当然、調査・準備が出来るだろう、と考えているのです。

最後に、何か「好きな野菜・果実がある」こと。
好きではない商品を担当することは、本人にとっても不幸なことですし、お取引して下さる農家の方やお客様に対しても、大変失礼となります。逆に、好きな商品を担当できればそんな幸せなことはないでしょう。そもそも、野菜・果実は、健康食品なので、たくさん販売することは消費者の元気を増やしていることに繋がります。一方、たくさん販売することは、作って下さった農家の方々の収入を増やし、日本の農業を元気にすることに繋がります。つまり、みなさんが頑張れば頑張るほど、日本中が良くなることに繋がるのです。仕事を通じて社会貢献ができ、誇りを持って仕事に臨むことが出来ます。それには、国産の野菜・果実に対する熱い想いが必要なのです。入社時に農業に関する知識は不要です。我々が皆さんの成長を全力で後押しします。

「面白そうな会社だな」と思って下さった方、どうぞ、先ずは会社説明会にお越し下さい。お待ちしています。

採用情報

採用情報

採用までの流れ

採用スケジュール

会社概要

会社概要表

新卒者エントリー

マイナビ
マイナビ
ホーム 会社を知る 求める人材 採用窓口 先輩の声 募集要項
問い合わせ

お問い合わせ(採用窓口)CONTACT-RECRUIT-

会社概要

会社概要COMPANY

アクセスマップ

アクセスマップACCESS

東京青果ホームページ

東京青果ホームページへTOKYO SEIKA WEB SITE