東京青果株式会社

 

ホーム > 営業情報 > トピックス一覧 > 愛媛県JAえひめ南 極早生みかんの販売が始まりました
トピックス一覧

2018年9月27日
愛媛県JAえひめ南 極早生みかんの販売が始まりました
〜本年も品質重視の美味しい『赤箱みかん』をお届けします〜

 

JAえひめ南の初荷を知らせる看板
愛媛県産みかんのトップバッターとしてJAえひめ南 喜佐方共選の極早生みかんの販売が9月27日から始まりました。10月1日からは玉津・味楽・宇和島の販売も始まり、4共選が出揃います。

 

 9月27日(木)、愛媛県JAえひめ南の極早生みかんが初荷を迎えました。初荷に合わせて産地よりJAえひめ南 清家専務、宇和島市岡原市長も来場され、お客様に平成30年度産愛媛みかんシーズンの開始をお知らせしました。鮮やかな赤色の10s箱で出荷されるJAえひめ南のみかんは『赤箱みかん』として根強い人気を誇ります。

 

競売前に着荷の状況や品質を確認する販売担当の三砂
競売前に着荷の状況や品質を確認する販売担当の三砂(みさご)。お客様にもご試食いただきました。
  写真を撮る愛媛の関係者
東京市場における最大みかん産地(平成29年の年間入荷量)の初荷とあって注目度は抜群。
三砂による初荷の競売
産地関係者の皆様が見守る中、三砂による初荷の競売が始まりました。

 

 

商品情報

 

商品名 赤箱みかん
産地 愛媛県
出荷者 JAえひめ南(玉津・喜佐方・味楽・宇和島)
出回り期間 極早生種:9月末〜10月下旬(2018年の初荷は9月27日)
荷姿 ダンボール 10kg

 

 


極早生みかんは果皮に若干青い部分が残りますが、酸抜け良く食べやすい仕上がりです。
 
JAえひめ南のみかんは出荷箱の色から『赤箱みかん』として親しまれています。

 

 本年の作柄についてJAえひめ南喜佐方共選の大崎共選長は「テレビや新聞などでも報道されたように、7月の豪雨で当産地は山崩れなど大きな被害を受けました。地域によっては園地が流されたりしたところもありますが、喜佐方・玉津・味楽・宇和島の4共選所で力を合わせ、JAえひめ南ブランドを維持すべく取り組んでいます。皆様には大変心配をおかけしたと思いますが、本日こうして美味しいみかんをお届けすることが出来ました。今シーズンもどうぞよろしくお願いします。」と、お話くださいました。


産地関係者の皆様と弊社販売担当の三砂
右より宇和島市岡原市長、JAえひめ南 大崎共選長(喜佐方共選)・同 清家専務
・同 蔵本所長(東京駐在所)と弊社販売担当三砂。

  • 果実第3事業部 三砂(みさご)
    市場法により、弊社は一般のお客様へ販売することは出来ません
    ⇒詳細はこちら
ホームへ戻る
ページトップへ