東京青果株式会社

 

ホーム > 営業情報 > トピックス一覧 > 和歌山県JAありだ早生みかんの販売が始まりました
トピックス一覧

2018年11月9日
和歌山県JAありだ早生みかんの販売が始まりました
〜AQ品質、光センサー選果で安心の美味しさです〜

 

黄色を基調としたJAありだ『有田みかん』の出荷箱
遠くからでも良く目立つ黄色を基調としたJAありだ『有田みかん』の出荷箱。いよいよ早生みかんの販売が始まりました。

 

 11月9日(金)東京青果卸売場において和歌山県JAありだ早生みかん試食宣伝会が開催されました。一部銘柄は昨日から販売が始まっていましたが、本日よりJAありだAQ中央・AQ総合・AQマル南の3選果場が出揃い、和歌山県産早生みかんの販売が本格スタートとなります。産地からはJAありだ林代表理事組合長はじめ関係者の方々が来場され、美味しく仕上がった『有田みかん』を買参人にアピールしました。


 

会場風景

 

 

有田みかんポスター
果頂部から4つに割ってそのまま口に運ぶ「有田むき」が数年前からブームとなっています。まだ未体験のかたはぜひトライしてみましょう。目からうろこの簡単な食べ方です。

 

試食会場のお客様
「有田みかんが始まるとみかんシーズンの到来を実感するよ。」と、嬉しそうなお客様。
  会場にはJAありだの3銘柄が並べられました
会場にはJAありだの3銘柄が並べられました。丸ごと1つずつ試食提供しました。
JA和歌山県農東京事務所スタッフが試食を呼びかけます
JA和歌山県農東京事務所スタッフが試食を呼びかけます。
  「有田むき」を模した凝った作りの販促資材も注
「有田むき」を模した凝った作りの販促資材も注目を集めました。
「有田むき」の説明
今話題の「有田むき」、まずは動画で剥き方をチェックし、練習したら『有田むき選手権』にチャレンジしてみましょう。1位の方には有田みかん100kgが贈呈されます!(画像をクリックすると特設サイトが開きます)

 

 

 

商品情報

 

商品名 有田みかん(早生みかん)
産地 和歌山県
出荷者

JAありだ(AQ中央・AQ総合・AQマル南)

主な出回り期間 11月上旬〜12月中旬
主な荷姿 5kg・10kg ダンボール

 

美しく仕上がった「有田みかん」
『有田みかん』は皮が薄く、コクのある甘さと濃厚な味わいが特徴です。
本年度より機能性表示食品としての販売が可能になりました
『有田みかん』は本年度より機能性表示食品としての販売が可能になりました。

 

 本年度の作柄についてJAありだ営農販売部の上田部長は「9月に連続して上陸した台風の影響もあって、当初予定していたよりは少なくなりますが、前年比では110%・平成28年産並みの出荷量を見込んでいます。10月後半からは干ばつ傾向が続いたので糖度も心配ありません。酸抜けが良いので出始めから食べやすい美味しさに仕上がりました。11月下旬から出荷のピークとなり、12月中旬までしっかり出荷していきますのでよろしくお願いします。」と、お話くださいました。

 

JAありだ上田部長と弊社販売担当の浅倉
JAありだ上田部長と弊社販売担当の浅倉


JAありだ 林代表理事組合長・JA和歌山県農楠本代表理事専務と弊社平田常務
JAありだ 林代表理事組合長・JA和歌山県農楠本代表理事専務と弊社平田常務

  • 果実第4事業部 浅倉
    市場法により、弊社は一般のお客様へ販売することは出来ません
    ⇒詳細はこちら
ホームへ戻る
ページトップへ