東京青果株式会社

 

ホーム > 営業情報 > トピックス一覧 > JAえひめ中央『紅まどんな』トップセールス
トピックス一覧

2018年11月29日
JAえひめ中央『紅まどんな』トップセールス
〜今年もこの季節が到来、松山市野志市長による『紅まどんな』PR〜

 


今年も熱のこもった野志市長のPR紙芝居が披露されました。

 

 11月29日(木)東京青果卸売場にてまつやま農林水産物ブランド『紅まどんな』のトップセールスが開催されました。産地より愛媛県松山市野志克仁市長はじめ、JAえひめ中央福島幸則常務他、関係者の方々が来場されました。

 卸売場において野志松山市長の熱のこもった『紅まどんな』のPR紙芝居が今年も行なわれ来場者の方々が聞きいっていました。

 

産地代表者のご挨拶

 

ご挨拶いただいた産地代表者

松山市 野志 克仁市長 

 

 

 今回で21回目のトップセールスになります。今年7月の西日本豪雨では大変ご心配を頂き有難うございました。豪雨災害を乗り越えて今年も良い『紅まどんな』が出来上がりましたのでご紹介させて頂きます。本名は『愛媛果試第28号』で糖度・酸・外観の基準をクリアしたものを『紅まどんな』として出荷しています。4年目で実が付き10年にして収穫量が上がり品質も安定しています。今年もどうぞお取引の程、宜しくお願い致します。

商品情報

 


「いかかですか?」
2L、3Lとサイズ別に試食が提供されました。

 


 
甘い香りにみずみずしい果肉、皮が薄くて食べやすいのも魅力的。   野志市長自ら「今年の『紅まどんな』です、抜群です!!」と呼びかけます。
 
JAえひめ中央農産物販促隊JASH!の川口さん・都築さん・澤田さん(左より)   まつやま農林水産物ブランド化推進協議会より宮内さん・井上さん・本田さん(左より)


待ちどおしくて試食時間前から手が伸びてしまうお客様も。 おいしくて、お客様も思わず笑顔に。

 

 

商品情報

 

商品名 紅まどんな
産地 愛媛県
出荷者

JAえひめ中央

出回り期間 11月下旬〜1月上旬
荷姿 3kg 化粧箱

 

 

 

JAえひめ中央販売部園芸販売課亀岡課長は、「今年の出荷量は7月の豪雨の影響で前年と同じ量になります。中心は2L>Lサイズ(3kg 化粧箱)で1月10日頃までの販売となり、12月上・中旬が出荷ピークになります。『紅まどんな』のゼリーのような食味・食感を楽しんで下さい。」とお話くださいました。


写真左より、JAえひめ中央亀岡課長、松山市産業経済部農林水産担当池田部長弊社平田常務、松山市野志市長、JAえひめ中央福島常務

  • 果実第3事業部 中村
    市場法により、弊社は一般のお客様へ販売することは出来ません
    ⇒詳細はこちら
ホームへ戻る
ページトップへ