東京青果株式会社

 

ホーム > 営業情報 > トピックス一覧 > 平成30年度熊本県産デコポン初荷【1日開催】
トピックス一覧

2018年12月3日
平成30年度熊本県産デコポン初荷【1日開催】
〜12月1日は熊本デコポン解禁日です 〜

 


12月1日熊本県産デコポンの解禁に合わせ、産地代表者が来場されました。

 

 12月1日(土)、東京青果卸売場にて平成30年産熊本県産デコポンのトップセールスが開催されました。

 産地からはJA熊本果実連木下代表理事副会長、熊本デコポン一元販売委員会高濱委員長、熊本県農林水産部山下生産経営局長をはじめ産地関係者の方々が来場され、初荷を迎えた熊本デコポンをアピールしました。

 

産地代表者のご挨拶

 

ご挨拶いただいた産地代表者

JA熊本果実連 木下 優喜代表理事副会長

 

 

 早朝より大勢の方にお集まり頂き有難うございます。本日は熊本県営業本部長くまもんと一緒に産地からデコポンの初売りに参りました。今年は気温が高く推移したため気象条件は良く、非常に良いデコポンが出来たと思います。熊本はデコポン発祥の地です。今後ともご愛好のほど宜しくお願い致します。


商品情報

 


今年度産のデコポンが会場に展示されました。
3kg化粧箱・5kgDBをご用意。化粧箱はこれからのお歳暮にいかが?

試食のために一房ずつ丁寧に剥かれたデコポン。
 
セールスレディーより試食の提供
「どうぞ召し上がれ。」

次から次へと試食にお客様の手が伸びます。
 
営業本部長くまもんと弊社川田社長のツーショット!

いよいよ販売担当宮崎による初売りが始まりました。
 
多くの買参人がデコポンを買い求めます。

 

 

 

商品情報

 

商品名 デコポン
産地 熊本県
出荷者

JA熊本果実連

主な出回り期間 12月上旬〜6月上旬
主な荷姿 3kg化粧箱・5kgDB

 

 

本年の作柄について、JA熊本果実連立山青果事業本部長は、「一元販売が始まって29回目の年になります。今年は雨が少なく糖度の上がりも高く、着色の上がりも良く、酸抜けが良いため食べやすくなっています。生産量は12,500t(昨年比104%)で3L・4L中心の出荷となり、ハウス・屋根かけ・露地物と続き6月上旬まで販売が行なわれます。」と、お話くださいました。

 

  • 果実第4事業部 宮崎
    市場法により、弊社は一般のお客様へ販売することは出来ません
    ⇒詳細はこちら
ホームへ戻る
ページトップへ